【句動詞】 “run” を使って「使い果たす」と「残り少ない」を表現|使い方を音声付き例文でマスター

 

run out of, run low on

ビジネスでも日常生活でも頻繁に使うフレーズです。スマホの電池だけでなく、家やオフィスの備蓄品のストック状況を説明するシーンでも使います。さて、「使い果たす」と「残り少ない」を run を使って表現するとどうなるでしょうか。音声付き例文で使い方を確認しましょう。

 

次のような状況を、あなたなら英語でどう説明しますか?

①プリンターのインクがなくてレポートを印刷できなかった。

②大変!トイレットペーパーがあと1ロールしかない!

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

 

今日のフレーズ その1

run out of
(物を)使い果たす
底をつく
(物や忍耐力を)切らす

 


The printer ran out of ink so I couldn’t print out the report.
インクがなくてレポートを印刷できなかった。

 

例文


We’re running out of time.
もう時間があまりありません。
(時間がなくなってきました)

 

 

 


I’m going to run to the store. We ran out of ice.
氷がなくなっちゃったから、ちょっと買いに行ってくるね。

run to the storeですが、何も本当にお店まで走っていくわけではありません。もちろん、go to the storeでも問題はありませんが、run to the storeの方が、「ちょっと行ってくる」「チャチャっと行ってくる」といった雰囲気が出ます。

 

 

 


My car ran out of gas and died right in the middle of the intersection.
車がガス欠(すっからかん)になり、交差点のど真ん中で止まってしまった。

※right in the middle = ど真ん中

 

英語では物が壊れたり、動かなくなってしまったりしたときに「死ぬ」を意味する ”die” で表現されることがしばしばあります。例文の場合、車が動かなくなってしまったので the car diedと言っています。自分のボールペンのインクが切れて書けなくなってしまったときも、my pen diedとよく言います。

 


My pen died. Can I use yours to sign this?
ペンが書けなくなっちゃった。これをサインするのにあなたのを貸してもらってもいい?

 

 

 


The company ran out of money and had to discontinue the model.
その会社は資金不足になり、そのモデルの製造中止を強いられた。

※continue(継続する)に、否定を意味する dis-を付けることで、discontinue = 中止する、廃止する、打ち切るといった意味になります。

 

 

 


The professor wanted to continue with the lecture. Unfortunately, we ran out of time.
教授は講義を続けたかったが、残念ながら時間がなくなってしまった。

こういった状況では、saved by the bellというフレーズもよく使われます。イメージしてみてください。授業中、先生に当てられそうで焦っていたら授業終了のチャイムがなって助かった!あるいはボクシングでボコボコに殴られていたけど、終了のゴングで助かった!こういう状況を、英語では次のように表現します。

saved by the bell
鐘に助けられた

物理的にチャイム・ゴング・ベルなどが鳴らなくても、土壇場で助かったときにも使えます。

 


I thought that I would have to do it all by myself, but Steve showed up and I was saved by the bell.
全部一人でやらなくてはいけないかと思っていたら、スティーブが来てくれたので助かった。

 

 

 

今日のフレーズ その2

run low on
少なくなってきている
残りわずか

 

「今日のフレーズ その1」ではrun out of で「使い果たす」でしたが、今度は使い果たす寸前、つまり残りが少ない状態を表すフレーズです。

 

例文


Oh no! We’re running low on toilet paper. We only have a roll left.
大変!トイレットペーパーがあと1ロールしかない!

 

 


We’re running low on gas. We should stop at the next gas station.
ガソリンがなくなりそうよ。次のガソリンスタンドで入れよう。

 

 

 


Is there an ATM around here? I’m running low on cash.
この辺にATMない?現金が少なくなってきちゃった。

 

 

 


Uh-oh. I’m in trouble. I have to make an important call, but my iPhone battery is running low.
やばい、大変だ。大事な電話かけなきゃいけないのに、iPhoneの電池が切れそう。

 

 

 


We’re running low on stock. We better order some more.
在庫が少なくなってきたから、もう少し注文した方がよさそうですね。(注文しないとまずいことになる)

 

 

 

【合わせて読みたい】

「仲間」も意味する “company”|一緒にいようか?話し相手になろうか?英単語companyを使って表現するとこうなる

Follow Me