ネイティブらしい英語にグッと近付く!「まあね」「そんな感じ」「だいたい」はこう表現する | Pretty much

pretty much

“yes”とハッキリ言い切れないけれど、「まあね」「そんな感じ」と少し曖昧な返事をしたいとき、あなたなら英語で何て言いますか?

今回のフレーズはネイティブの会話にはよく登場します。是非、覚えて使ってみてください。また、英語の映画や海外ドラマでもよく耳にするので、これからはどのように使われているか注目してみてください。

 

今日のフレーズ


Pretty much
まあね、そんな感じ、そんなところ、だいたい、基本的には

発音:プディーッチ

主に口語で使われるこのフレーズは、日本語の「だいたい」「そんな感じ」と同じ使い方です。例文を見てみましょう。

 

 

 

例文


A: So you’re just going to sit there and hope that she shows up?
彼女が来ようにって、ただそこに座って待つつもりなの?

B: Pretty much.
まあね。

 

この会話では “so” から質問文が始まっています。”so” は、「だから」という意味でありますが、それ以外にも「さて」と話題を変えるときに使われたり、「今から質問をしますよ」と相手に知らせるための「合図」としても使われたりします。質問文を始めるのには so の他にも、 now や and もよく使われます。日本語で、「じゃあ」「さて」「ところで」「では」といった単語を文頭に置いて質問するようなニュアンスになります。


So what happens when you push that button?
(じゃあ、では)そのボタンを押すとどうなるのですか?

Now what do you think about that?
(ところで、では)それについて、あなたのご意見は?

And that doesn’t ring a bell? (ring a bell = 思い当たる)
それ、思い当たる節はない?

 

 

 


That pretty much sums up my summer vacation.
夏休みはだいたいそんな感じだったかな。

sum up = 一言で言う、まとめる、要約する

 

 

 


Steve was pretty much happy with the situation.
スティーブはその状況に対して基本的に不満はなかった。

 

 

 


Apparently, pretty much everyone has an opinion on the new regulation.
新しい規則については、ほぼ全員がそれなりに意見があるらしい。

apparently = ~らいしい(詳しくはこちら

 

 

 

 

【合わせて読みたい】

「断言はできないけど」 を英語で言うと?

 

Follow Me