【音声付き例文】動詞ではなく名詞として使う “try”|使い方・発音を徹底解説!

 

give it a try, やってみる

 

「さぁ、やってみるか!」 と新しいことに挑戦するとき、Let’s try! のように、try を動詞で使いがちですが、実は try は名詞としてもよく使います。どういう風に使うのか、音声付き例文で使い方を確認していきましょう。

 

今日のフレーズ


Let’s give it a try.
さぁ、やってみよう
じゃぁ、やってみようじゃない
やるだけやってみよう

 

 

et’s give it a try の it は「やってみようとしていること」を指します。it を意識して訳すと、「それをやってみようじゃない」 といった感じになります。Let’s try(やってみよう) と同じ意味ではありますが、Let’s give it a try の方が、「どうなるか分からないけど、とりあえずやってみよう」といった前向きな雰囲気が多く含まれている感じがします。

 

発音ポイント

発音は、give it a try の部分がミソです。

give it a の部分は音を続けて /ギヴィラ/ のように発音します。また、try は「トライ」ではなく、/チュラーィ/ のようにいってみてください。


Let’s give it a try.
レッツ ヴィラ チュラ~ィ

 

 

例文


They heard about the new restaurant and wanted to give it a try.
彼らは新しいレストランについて耳にしたので行ってみたかった。

 

 

 


You can give it a try and see if it works.
とりあえず試してみて、上手くいくか様子見てみたら?

 

 


Alright, alright. I’ll give it a try.
わかった、わかった。じゃあ、やってみるよ。

 

 

 


Give it a try and you’ll see what I mean.
やってみたら私が何を言いたいか分かるから。

 

 

 

バリエーション

また、try(試み)の代わりに shot も使えます。同じ意味です。


Let’s give it a shot.
発音:Let’s ヴィラショッ T

 

 

名詞として使う “try”

さて、ここで try の名詞の使用に戻って、少しだけおさらいです。次の文章の意味は何でしょうか。


It’s worth a try.

 

 

It’s worth~という形は先日の記事で登場しました。

It’s worth + 名詞 (動名詞も含む)
~の価値がある

It’s worth a try.
それは試みの価値がある → やってみる価値がある

 

 

さぁ、皆さんも今日から try を名詞として使ってみましょう!

Let’s give it a try!

 

 

 

【合わせて読みたい】

【間違いあるある】「数詞+名詞=形容詞」名詞は単数形|日本人に多い英語の落とし穴!

Follow Me