「ピンとくる」「心当たりがある」を英語で言うと?”ring a bell”|使い方と発音のポイント

 

ring a bell ピンとくる、心当たりがある

今回のイディオムは ring a bell(ベルを鳴らす)です。何かを見たり聞いたりして心当たりがあると、ピンとくるような場面に使います。あ!それは!!と頭の中でベルやチャイムが鳴るイメージを持ちながら読み進めてみてください。音声付き例文で、使い方を詳しく見ていきましょう。

今日のフレーズ


ring a bell
ピンとくる
心当たりがある
思い出させる
感覚的に思い出す

 

 

今日のイディオム(慣用句)はイメージがしやすいと思います。直訳だと、「鐘を鳴らす」です。あっ!それ心当たりがある!というとき、大正解!と言わんばかりに鐘が鳴り響いているイメージです。

発音は、ンガゥ。

 

 

例文


A: Do you know Steve Fenderson?
スティーブ・フェンダーソンって知ってる?

B: Hmm… The name doesn’t really ring a bell.
ん~、あんまりピンとこない名前。

 

 

 


Does that ring any bells?
何か思い出さない?(何か心当たりない?)

 

 

 


I hope that name rings a bell.
聞き覚えがある名前だといいんだけど。

 

 

 


Does my description ring a bell with anyone?
私の説明で思い当たることがある人はいませんか?

 

 

 


That rings a bell. I seem to recall that day.
あっ、思い出した。あの日のこと覚えてるかも。

※recall = 思い出す

 

 

 

【合わせて読みたい】

「やっとお会いできましたね!」メールや電話でやり取りしている人と初めて直接会う時の英語フレーズ

Follow Me