時間などが「多少前後する」を英語でどう表現する?|Give or take

 

give or take, 多少前後する

時間などが「前後する」を英語で表現するには、give or take を使うとスマートです。ビジネスシーンだけでなく、日常会話でもよく登場するフレーズなので、是非、覚えておきましょう。例文を音声を交えて見てみましょう!

 

本来は物事の順序が逆になるという意味の「前後する」という表現ですが、日常生活では「5分程度ずれる」という意味で「5分程度前後する」と言い表すことが多いのではないでしょうか。

このように、数値が「およそ」「だいたい」「」という意味で使う「前後」を英語で表現するには、give or take を使うとスマートです。

give と take が出てくるフレーズには、「これあげるから、それちょうだい」のギブアンドテイクもありますが、今回のフレーズは give or take なのでご注意を。

今日のフレーズ


give or take
(数値が)およそ、約、だいたい
プラスマイナス(数値)

 

なぜ、give or take が「およそ」という意味になるのかというと、数値を足したり(give)引いたり(take)するからです。文字通りプラスマイナス、です。

 

 

例文


Each presentation takes half an hour, give or take 5 minutes.
5分程度は前後しますが、発表はそれぞれ30分です(かかります)

 

このようにgive or takeのあとに前後する時間を付け足します。あるいは、具体的な数値を言わずに「およそ」というざっくりとしたイメージだけにとどめるときは、give or take だけでも使えます。

 

Each presentation takes half an hour, give or take.
発表はそれぞれ30分程度です
多少前後しますが、発表はそれぞれ30分です(かかります)

 

 


The third phase usually takes a month, give or take a few days.
数日はずれるとしても、第3段階は通常1ヶ月かかります。

 

 


give or take a few percent
プラスマイナス2~3%の誤差はありますが

 

 


A: How long are you going to be? I need to tell you something.
どのぐらいかかりそう?話したいことがあるの

B: At least an hour.
最低でも1時間

A: An hour?!
1時間?!

B: Yeah, give or take.
うん、だいたいね(そのぐらい)

 
 

Follow Me