Month: March 2020

state of emergency, 緊急事態宣言

Declare a state of emergency 緊急事態宣言を出す|新型コロナウイルスにまつわる英単語

先日に引き続き、昨夜、東京の小池都知事は緊急記者会見を開きました。緊急というからにはついに都市封鎖をするのかと思いきや、経路不明のコロナウイルス感染者の数割が”夜の酒場”が原因のため、ナイトクラブやカラオケなどに行くことを自粛してくださいとのこと。規制するわけでもなく、やんわりとお願いする「ソフトロックダウン」。具体的な経済支援も明かされず、個人的にはなんとも肩透かしな会見となりました。

cough etiquette せきエチケット

Cough etiquette「せきエチケット」lockdown「閉鎖」| 新型コロナウイルスにまつわる英単語・フレーズ3

  日本国内では授業やジムが再開し始めた所もあるようですが、ヨーロッパでは移動が制限されたり7.3%という高い致死率を記録していたりと世界で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。 今回も新型コロナウイルスにまつわる英単語やフレーズを例文を交えてご紹介します。

close contact 濃厚接触

Close contact 「濃厚接触」social distancing 「人混みを避ける」| 新型コロナウイルスにまつわる英単語・フレーズ2

先日の「買い占め」や「煽り」の記事を書いた時点ではまだ国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(public health emergency of international concern:PHEIC)とされていた新型コロナウイルスですが、ついに3月11日、WHOのテドロス事務局長が「パンデミック」と述べました。

But who's counting

But who’s counting? 「数えてますが、なにか?」「なんのこれしき」|ユーモラス・皮肉な返しとして訳が多いフレーズの意味と使い方

    カジュアルな会話で登場するのが今回のフレーズ。 But who’s counting?   直訳すると「数えているのは誰だ?」になるこのフレーズは、count (数える)という言葉が使われていることからも想像ができるように、直前に出てきた数字に対してユーモラスにコメント、あるいは皮肉っぽく返すときによく使われます。  

That makes two of us 同感

That makes two of us.「私も」「同感」”me too”はもう言わない!音声付き例文で発音と使い方を確認

  今回のフレーズは、「私もだよ」と相手と同じ意見や立場であることを伝えるときのフレーズです。 今日のフレーズ That makes two of us. 私も それは私も同じ(同感) それは私自身にもついても言える “two of us” とは「私たち2人」 、そしてこの文章での “make” は「~の状態にする」という意味。したがって、このフレーズの直訳は「それは私たち2人の状態を作り出す」で、そこから「私たち2人は同じ意見や立場でいる」ということを意味するフレーズになるのです。 例文 A: I have no idea what’s going on. 何が起きているのかチンプンカンプンだわ。 B: That makes two of us. 私も。       A: I don’t understand why people are panic buying toilet paper and even rice amid coronavirus outbreak. …

That makes two of us.「私も」「同感」”me too”はもう言わない!音声付き例文で発音と使い方を確認 Read More »

PAGE TOP