Month: July 2019

the thing is, 要するに

ネイティブがよく言う “The thing is” の意味と使い方|音声付き例文で発音ポイントもチェック

  ビジネスでもプライベートでもネイティブがよく使うこのフレーズは、直前の発言に対してのコメント・答え・説明などをする前置きです。音声付きの例文で使い方や発音ポイントを確認し、ご自身の会話にもどんどん使ってみてください。ちょこっとしたこのようなフレーズが会話をリアルにしますよ。 今日のフレーズ The thing is 何が言いたいかというと 要するに そうなんだけど 問題は 実は そうではなく(本当はこういうこと) 結局(こういうこと)   ビジネスでもプライベートでもネイティブがよく使うこのフレーズは、応用の幅がとても広いため、場面により日本語訳にもさまざまなものがあります。しかし、どの訳にも共通しているのは、直前の発言に対してのコメント・答え・説明などをする前に添えられるということです。一般的に、”The thing is” は文頭に置かれ、状況説明、要約、一般論、言い訳などの前置きの役割を果たしています。     例文 I’m not sure if she’s the right candidate for the position. The thing is, she’s not really a team player. そのポジションに彼女が相応しい候補者とは思えません。何が言いたいかというと(問題は)、彼女はチームワークを大切にできない人なんです。     The thing is, he doesn’t trust us. 要するに、彼は私達を信用していないということです。       …

ネイティブがよく言う “The thing is” の意味と使い方|音声付き例文で発音ポイントもチェック Read More »

pretty much

ネイティブらしい英語にグッと近付く!「まあね」「そんな感じ」「だいたい」はこう表現する | Pretty much

“yes”とハッキリ言い切れないけれど、「まあね」「そんな感じ」と少し曖昧な返事をしたいとき、あなたなら英語で何て言いますか? 今回のフレーズはネイティブの会話にはよく登場します。是非、覚えて使ってみてください。また、英語の映画や海外ドラマでもよく耳にするので、これからはどのように使われているか注目してみてください。

today you ,tomorrow me, 明日は我が身

「明日は我が身」英語ではこんな心温まるエピソードが背景にあるフレーズも!

人生は、思ってもいないところでカーブボールを投げてくるものです。一寸先は闇とはこのことです。会社からの収入で生計を立てている人であれば、ある日突然、解雇を言い渡されたら生活の基盤を失うことになります。1つの誤った選択、あるいはいくつもの小さな過ちが積み重なり、人生は思ってもいない方向に進み出し、大切なものを全て失うかもしれません。

just for the record, 一応言っておくけど、ちなみに

「一応言っておくけど」「ちなみに」を英語で何て言う? “for the record” の使い方

  今日ご紹介するフレーズは、あることに対しての自分の立ち位置をハッキリさせたいときや、あとで役に立つかもしれないと思い追加情報として何かを言うときに役立つフレーズです。「一応言っておくけど」「念のために言うけど」「ちなみに」といったニュアンスのフレーズなので、日常会話だけでなくビジネスシーンでも役立つフレーズです。音声付き例文で使い方を確認しましょう!

PAGE TOP